読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『幽霊』

宝塚・観劇

【2014年3月23日(日)13:00 シアターコクーン

ヒュ~ドロロロ~.....

ではなく、イプセン作『幽霊』の舞台をみてきました。

140323.jpg

安蘭さん2回目となるストレートプレイ。

結局(とういうかその気もなかったけれど)原作を読まずにいったわけですが、なにしろ私の頭の中「?」マークがたくさん飛んでいたわけで・・・これ一回では理解できません!(笑)

いやでも皆の感想をみていると、それぞれに鋭いところをついていて、本当にすごいです。それを見ながらいつも感心しているのですが、私の頭脳ったら「瞳子さんが綺麗だった」という思いがとても強烈に印象づいていて、いやなんだか今までで一番美しくみえたのです。見るのになれないと、舞台の中身とまったく関係ない思いだけで胸がいっぱいになってしまうので1回の観劇だけでは舞台は読めないと・・・思ったのでした。

それにしてもポスターと全く違ったイメージの舞台設定には最初から驚かされました。そして基本ミュージカル好きな私としては音楽のない寂しさ・・・と思いきや、セリフの多さもそうですが、その掛け合いが良かったのか案外音楽がないということに気付かされないまま、終わりました(笑)そして見入ってしまうがためにか、つかれる。何もしていないのに、カロリー消費したかのようでした(笑)でも、今ふと思いましたが、それが想定外の「白」主体の舞台設定が重さを軽減していたんですかね?そもそも外は降り続く雨。ポスターでイメージがインプットされて、なんだかポスターを含めての演出だったのかも。なるほどね。

色々と思考できる能力があれば、なお楽しめたであろう舞台。私が原作にたどり着くときはいつになるやら。

そしてそして、最後に・・・

今回、隣の隣の隣になんとなんと真飛聖さんが座っていらしたんです!!(教えてもらって気づいたのですが...)とてもきれいなお姉さんでした~♪きれいな人をみるとほんと同じ人間とは思えない(笑)

これでいて話したらあのオーバーリアクションな面白い真飛さんになるんでしょ?瞳子さんもそうだけど、あんなに美しくて面白いってなんなん?!宝塚おそるべし。(話がだいぶそれました(笑))