読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レディ・デイ

宝塚・観劇

【2014年6月15日(日)12:30 DDD青山クロスシアター】

レディ・デイ行ってきました!

140615_1.jpg

今回一番の印象は出てきたときの「顔」!かなりインパクトが強くて、チラシばかり見ていたせいかそこには安蘭けいがいたわけですが、ここにはビリー・ホリデイがいる。単純にすごいなって思いました。

安蘭けい演じるビリーを見ているというより、安蘭けいのビリーを見ている感じというか、安蘭けいにビリーの魂が乗り移ってそれは何か演じるっていうのとまた違った感じ方。またクロスシアター自体がミュージカルを見に来ているというよりラブハウスに来ている感覚にさせてくれるので、よりライブ感が感じられたのもあるのかもしれません。

台詞というよりライブ感覚でMC聞きながら、人は体験はそれぞれであっても、感受性、精神的なものは誰しも似たような苦悩を持っているんだなとも。もちろん、ビリーの話を聞いてしまえば、そんじょそこらの悩みなどちっぽけにしか思えませんが、それは傍から見た秤でしかなくて、それぞれが抱え込む過程のようなものは似ているのかなと思いました。そして大きなものを抱え乗り越えられる人は、小さなものですら越えられない人の支えになるのだなと。

実在する人物像を演じると紛れもないその人がいるわけで、もちろん外観的なものはまったく違うのだけれど、ここにはビリーいた。ビリーを生きてる、いやビリーが生きてる。

安蘭けいのビリー。壮絶な人生の中から幸せをもらいました。

最後に・・・

今回、思いもかけず絡まれました(笑) センターまで来たなとは思ったのですが、まさかこちらまで来るとは思わなかったので内心軽いパニックでその時の記憶が曖昧です。何がどうなってあ~なったのか。でもあれ、ビリーだったから良かったんです。あれ瞳子さんだったら・・・過呼吸で倒れるかも(笑)