読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊野古道~ツヅラト峠~

昨日の伊勢志摩の旅から、熊野古道へ。自身にとっての熊野古道第二弾は、馬越峠に次いで人気のあるというツヅラト峠へ。

思いのほか人がいない。思いのほか舗装路歩きが多い。電車の本数が1時間に1本・・・もない。そんなことに前夜気づく。でも旅は意外なもので心洗われ癒され浸透する。

とある資料には以前に行った馬越峠に次いで人気NO2!とのことだったので、このGWの盛の時、出発点としていた紀伊長島駅の付近に行けばそれなりの人がいるだろうと想像していたけれど、それらしき人はまったく見当たらず・・・。なんだか拍子抜け。というか、あまりの人の少なさにここのルートを行く人がいるのかと心配になったほど(汗)

車窓から。

150505_1.jpg

ここのJR東海紀勢本線の本数が少なすぎて8:01に乗らないとなると次なる電車は9:46となってしまうわけで、私たちもホテル(松阪市)で朝食をとっていたものだから、ぎりぎり間に合わず。駐車場所を前もって明確に決めていれば間に合っていたかもしれないが、とりあえず電車が9:46発になってしまったのだから、必然的に出足が遅くなる。そんなこともあったので、もしかしたら一足先に歩いていた人も多かったのかもしれない。

個人的にはこの時間にスタートを切るのがどうも苦手。

150505_2.jpg

それにしても、なにしろゆっくりペース。ハードな山歩きではないぶん逆に余裕があって余計な行動・・・つまり写真撮影が多い・・・全然進んだ気がしなかった(笑) コースタイム3時間30分のところ4時間。休憩時間もいれたら5時間30分。思ったより長かった。というか、余裕があるときはあるときで余裕の時間をとらないといけないなと、今回の反省。

150505_3.jpg

でもこのハイクが自分のギスギスしていた気持ちをとてもスッキリさせてくれて、気分的にもリセットされた感じ。とにかく気持ちよかったし、楽しかったし、笑ったし・・・充実。なんとなく地域も感じられるしね、こういうハイクが好き。これでもっと色々なことを知っていたらもっともっと楽しくなるんだろうな。

150505_4.jpg

ほんの些細なことでも日常の当たり前から抜け出すと見え方、考え方が変わる。だからこもっていてはいけないんだなって自分に言い聞かせてみる。当初この時期のお出かけには前向きではなかったけれど、「忙しい」で終わらせないで良かった。淡々と誘い続けてくれた友人にありがとう。

150505_5.jpg

<ヤマレコ>

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-636450.html