読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瑞牆山

山歩き

約一年ぶりの瑞牆山。いつもと変わらぬ瑞牆山荘からのスタートでしたが、今までの記憶となにか違う感じが・・・。どうやらルートが変わったのかな?ところどころにある鎖も新調されてました。

このルート変更のおかげか、富士見平までの歩程が以前よりだいぶ楽になったように思います。

140726_1.jpg

前々回の乾徳山がひどすぎて今回はかなり身構えていた部分もあったからか、思っていたより順調に・・・わりと並に歩けました。(乾徳山スタスタ歩けるようにならないとね・・・)

天気は朝まではスッキリと晴れていましたが、10時過ぎごろからガスが上がってきて山頂に着いてしばらくした11時頃には一気にガスの中・・・。ここの所出足が遅いこともあり、絶景に出会えたのは美ヶ原のスタート地点くらいのような気がします。山頂で長時間耐えられるなら、空の具合によってはしばらく待つことも考えられますが、私には耐えられませんのでやはり朝一番に限りますね。

140726_2.jpg

さて、今回の山食は・・・前日の会議で残ったとろろそばとおむすび。とろろがはみ出す寸前になっていて、見た目はなんだか(汗) でもお腹にはおいしく入ったのでした。温かいコーヒーが飲みたかったな。

140726_3.jpg

下山する寸前に茅野から来たという女性二人組と出会い、北アルプスのお話などを少ししました。今回下山中にもよく声をかけられ・・・「あとどれくらい?」とかですが・・・あまり人と出会わない山ばかり歩いているとこれがなんとなくうれしく思えたり(笑) あまりメジャーすぎて人が多いのも好きではないですが、こうして山好きな人と出会えるのはうれしいです。

140726_4.jpg

富士見平を通過すると、やはりテント泊に憧れ・・・そう思いながら歩いていると、ちょうどテント泊するであろう方たちがチラホラと登ってきていました。その中に大きな荷物を担いで登ってきた女性2人組さんが気になって、つい声をかけてしまいました。少しお話して「テント始めるなら若いうちがいいよ~」とか、言われましたが、たぶん年あまり変わらないような・・・。とにかく明るいお姉さま方でした♪

それではみなさん、またどこかの山で会いましょう!

<今回のルート>

瑞牆山荘→富士見平→小川山→天鳥川→瑞牆山(往復)

瑞牆山(ヤマレコ)